◆パトリック クレルジェ ポマール 1992
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

◆パトリック クレルジェ ポマール 1992

¥14,300 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

パトリック クレルジェ ポマール 1992 産 地:フランス/ブルゴーニュ 品 種:ピノ・ノワール タイプ:赤(辛口・ミディアムボディ) コメント:1994年、当主パトリック・クレルジェ氏によってボーヌに設立されたネゴシアン。シュヴァリエ・デュ・タストヴァンにも認定されている彼が全て品質を確認した上で、「価格に合った価値がある」と認めたワインのみを厳選した「セレクション・パトリック・クレルジェ」。 ブルゴーニュの中でもワイン造りの歴史が古く、中世の頃から「コート・ド・ボーヌのワインの花」と呼ばれるポマール村。ブルゴーニュワインの代表格として知られる産地で、濃厚な色合いと豊富なタンニン、そして素朴で開放的な雰囲気が特徴の赤ワインが造られています。 ---------------------------- PATRIC CLERGET パトリック クレルジェ ボーヌで古い歴史をもつネゴシアンで、そのコネクションを活かして発掘された、瓶買いのネゴシアンものです。 クレルジェ家はワイン業界でもギネス記録に残る長い歴史を持つ一家で、ワイン造りの歴史は1268年までさかのぼります。1698年、ディジョンの王立議会のメンバーであったジャン・クレルジェは勲爵士に任命され、一家には紋章が与えられました。 1972年パトリック・クレルジェ氏はサン・トーバンにて 一家が経営する“メゾン・ラウル・クレルジェ”にてワイン製造に関係する知識を習得しました。彼は15年後、ボルドーの商工会議所にてI.P.C(Institut de Promotion et de Commercialisation des vins) を卒業し、1992年彼は家族の所有する葡萄畑を“Château de Chassagne Montrachet”と再編成します。そして1994年、彼は夫人と共に、自身の“Sélection Patrick Clerget(セレクション・パトリック・クレルジェ)“をブルゴーニュ・ワインの中心地、ボーヌに設立、会社ロゴには、クレルジェ一族の紋章を使用しています。 2007年、彼は有名なブルゴーニュ・ワインの組合にて“Chevalier du Tastevin”に任命されました。“Sélection Patrick Clerget”は現在、約200万本のフランス産のワインを25カ国以上に輸出しています。