◆シャトー デュクリュ ボーカイユ 1997
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

◆シャトー デュクリュ ボーカイユ 1997

残り1点

¥23,100 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

シャトー デュクリュ ボーカイユ 1997 産 地:フランス/ボルドー サンジュリアン 品 種: カベルネ・ソーヴィニヨン0%、メルロ25%、カベルネ・フラン5% タイプ:赤(辛口・フルボディ) コメント:メドック格付け第二級シャトー。「サン・ジュリアンのラフィット」とも称される、スーパーセカンドの代表格。 特筆すべきはテロワール。レオヴィル・ラス・カーズやラトゥールなどに程近い畑は、古ガロンヌ河によって運ばれた、5cm程の大きな砂利が表面を覆っており、その下は粘土質。その名前の元になった「ボーカイユー(美しい砂利・小石、の意味)」という言葉のとおり、多くの砂利が体積した、ワイン栽培には最適な土壌となっています。ブドウの収穫は全て手摘みで行い、ブドウ畑の中で選果を行います。畑で選果を行うのは、醸造所まで移動させているごく短い時間であっても、状態の悪いブドウと健全なブドウを触れ合わすことが無いように、という配慮からだそうです。 幾層にも重なったベリーの香りに、花やミネラルのヒント。華やかでアロマティックな印象です。口に含むと、重みがあって力強いタンニンを感じ、赤い果実とカプチーノのリッチで眩惑的な余韻が何とも言えない幸福感を与えてくれます。スーパーセカンドの、卓越した華やかな味わいをお愉しみいただけるワインです。 ------------------------------------------------ CH. DUCRU BEAUCAILLOU シャトー デュクリュ ボーカイユ デュクリュ・ボーカイユはもともとは「ボーカイユ」として、定評があったシャトーですが、 1795年にベルトラン・デュクリュ氏が買い取り、品質が向上。その際シャトーの名前は現在の「デュクリュ・ボーカイユ」へ変更となり、1855年のメドック格付けの際には二級として扱われるようになりました。その後、相続や買収によりオーナーが何度か交替しましたが、名声が落ちることはなく1941年に現在のオーナーであるボリー家の手に渡っています。ボリー家は家族揃ってワイン造りの腕利き。現在ではポイヤックの、シャトー・オー・バタイエ、シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト、シャトー・ラグランジュの一部を買い取り醸造を始めています。 また、「サン・ジュリアンのラフィット」とも称され、スーパーセカンドの代表格でもあり、ロバート・パーカー氏も「投資の対象というよりは、ワイン通が好んで買うワインなのである。品質に対するコストパフォーマンスの点では、ボルドーのスーパーセカンドで最も興味深いワインの1つだ。」(『ボルドー第四版』より)と高評価しています。