◆ルイラトゥール コルトン 2000
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

◆ルイラトゥール コルトン 2000

¥9,900 税込

送料についてはこちら

20歳未満の飲酒は法律で禁止されています

ルイ ラトゥール コルトン 2000 産 地:フランス/ブルゴーニュ 品 種: ピノ・ノワール タイプ:赤(辛口・ミディアム) コメント:ルイ・ラトゥール社は200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手。ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。今やコート・ドールでは最大規模のグラン・クリュを所有しており、「コルトンの帝王」と称されています。 コート・ド・ボーヌ地区唯一の赤のグランクリュ「コルトン」ですが、わずかながらコルトンの白も存在します。栽培面積が大きいこともあって、コルトンは様々な顔を見せてくれますが、「人生を楽しむ王様」とクロ・ド・ヴージョのオーナーだったカミーユ・ロディエが評したように、力強くたっぷりとした味わいなのがその特徴です。 ------------------------- LOUIS LATOUR ルイ ラトゥール ルイ・ラトゥールは、1797年創立のラマロッスを起源とするボーヌのネゴシアンです。アンリ・ラマロッスは相続者を持たず1867年に死去し、古くから彼の右腕であったルイ・ラトゥール3世がこれを継承、メゾン・ルイ・ラトゥールを興しました。ラトゥール家がブドウ畑の拡大に乗り出したのは19世紀末、グランセイ伯爵が、グラン・クリュ・コルトンをはじめとする35haのドメーヌをルイ・ ラトゥールに売却してからで、今日、その地勢図はジュヴレ・シャンベルタンからピュリニィ・モンラッシェまで45.78haにおよびます。とりわけ白ワイン造りにおいて非常に信頼があり、9haを所有するコルトン・シャルルマーニュはルイ・ラトゥールの看板ワインとなっています。 今日、ルイ・ラトゥールを率いているのは、7代目のルイ・ファブリス・ラトゥールであり、ドメーヌのブドウ栽培とワイン造りは、ドニ・フェッツマンとジャン・ピエール・ジョバールが指揮を執ります。またルイ・ラトゥールは、南のアルデッシュにおけるシャルドネの潜在性にいち早く着目した生産者で、このヴァン・ド・ペイのパイオニアとして大いなる成功を収めた後、さらにその余勢を駆ってヴァール県でのピノ・ノワール栽培にも乗り出しました。 ルイ・ファブリス・ラトゥールは、「私たちのワインはテロワールを顕著に表現しており、エレガンスとフィネスのあるワインができるよう、丁寧に醸造している。完璧を追求することで、お客様を満足させることこそが私たちの目標である。」と言っています。